カテゴリー:パソコン

記事一覧

dellの初期設定をやり直した!エラーで初期化に至った原因は?

パソコン

2019-08-30 003

dellの初期設定をやり直した体験レポートです。

買ったばかりのパソコンの初期設定で
エラー出たので初期化して
初期設定のやり直しをしました。

どうして初期設定をやり直したかといいますと

このパソコンは知人から預かってもので

dellのパソコンを買ったので初期設定をやってほしいと
知人から頼まれたましたので。
引き受けてやってみました。

電源を入れて立ち上げてみると
いきなり
「ネットワークに接続しましょう」の画面なの?

えっ?

知人に電話して
途中まで初期設定をご自分でやったんですか?

はい、やりました。
インターネットはやっていないので
そこで電源を切って止めたとのことでした。

途中で初期設定をやめた
パソコンだと初めて知りましたが・・・

その続きから初期設定を続けてみました。

その結果は?
エラー

windows10が未認証の状態

さらに

officeはエラー表示

再インストールしてくださいとのメッセージ

windows10ライセンス認証は
エラーの詳細画面をクリックして
やっているうちに何とか
認証がOKとなりましたが

officeは相変わらず
使えない状態でした。

初期設定を途中で止めたための
トラブルの発生ですね。

普通なら1時間位で終わる
設定がなんとトラブルに遭遇して
半日もかかってしまいましたが

dellのサポートにも電話して
なんとか上手くいった体験レポートです。

◆dellの初期設定のやり直しでofficeの再インストール

購入後の技術的なお問い合わせの
案内書もあったので
メーカーサポートに早速電話しました。

2019-08-30 062

5分位待たされてサポートにつながりました。

状況を説明したら
officeを再インストールエラーメッセージであったので
マイクロソフトアカウントから入れる事にしました。

これからは
サポートの指示となります。

●officeの再インストールをした

https://setup.office.com/をブラウザのURLに入れて
マイクロソフトのアカウントで入りまいた。

mc20190830

そのままofficeのインストールかと思いきや
もう一度URLに
https://setup.office.com/を入れてくださいと言われました。

officeを取得しようの画面に変わりました。

offce20190830
この画面の右下の
「Microsoftアカウントからインストールする」
をクリックしてインストールの開始です。

少々時間がかかりましたが
officeの再インストールが完了したが
officeを起動してもエラーメッセージのままでした?

あ~だめか~

一瞬大変なパソコンを預かったな~
の思いが頭をさえぎりましたが、
もう乗りかかった舟ですね。

何とかパソコンを使えるように
してあげなくてはねと
次の指示を待ちました。

なんと初期化をしてほしいと言われまいた。
パソコンを買った状態にすることなんです。

初期化の作業を途中で止めると
こういうことになるんだ~と
初めて体験したケースでした。

◆dellパソコンの初期化(リカバリー)をした!

officeの再インストールしても
エラーの解消にならなかったので
もうパソコンの初期化しかないと言われまいた。

時間的には概ね1時間位かかりした。

windows10は起動しているので
初期化のやり方として

●Shiftキーを押しながら電源マークをクリック
再起動をクリックしなさいと言われました。

saikido20190830

●オプションの選択画面で
トラブルシューティングをクリック

●トラブルシューティングの画面で
「このPCを初期状態に戻す」をクリック

●「このPCを初期状態に戻す」画面で
あとは進行状況を眺めるだけです。

dellのサポートはここまでのお付き合いで
あとは画面をみて進めてくださいと言われ
電話を切りました。

2019-08-30 040

●初期状態に戻している進行状態がパーセントででます。
(パソコン内のファイルを削除している作業です)

2019-08-30 042

●初期状態に戻ったあと
こんどはwindowsのインストールが始まります。
「PCは数回再起動します。」となります。

電源は切らずに待つのみです。

2019-08-30 043

この設定がおわると
自動的に
初期設定画面に変わりましたので

ここからは
dellの初期設定のやり直しの
準備ができたことなります。

◆dellの初期設定のやり方

officeの再インストールをしたり
初期化(買ったときの状態)をしたりで
やっと振り出しに戻った感じです。

やっと初期設定のスタートラインです。

最初から初期設定で
途中でパソコンの電源を切らずに
設定が進行されていれば

今回のような
dellの初期設定のやり直しは
しなくて済む作業なんですね。

それでは
だいぶ回り道をしましたが
初期設定のやり方のカメラレポートです。

Microsoftアカウントで
初期セットアップを進めてみました。

2019-08-30 044

●お住まいの地域を選択して「はい」をクリックします。

2019-08-30 045

●キーボードレイアウトは、そのまま「はい」をクリックします。

2019-08-30 046

●2つ目のキーボードレイアウトは「スキップ」をクリックします。

2019-08-30 047

●ネットワークの接続画面
無線ネットワーク接続をします。

無線ルータの側面等に書かれている
無線LANのSSIDと同じネットワークを選択して
「次へ」をクリックして

SSIDの続きにある
WPAキーの暗号キーを入力すれば
無線LANに接続出来ます。

2019-08-30 049

2019-08-30 051

●Windows10使用許諾契約画面の「同意」をクリックします。

2019-08-30 052

●Microsoftアカウントのメールアドレスを入力します。
※Microsoftアカウントを事前に作成して用意しておきました。
※この画面から作成することも可能ですが、
事前にgoogleでメルアドを用意して設定しました。

2019-08-30 053

次にMicrosoftアカウントパスワードを入力したら

●PINのセットアップ画面になります。
pinの作成をスキップする画面はありませんでしたので
「PINの作成」をクリックしました。

2019-08-30 054

●4桁以上の数字の設定をします。
英字と記号にチェック入れれば
英数字もOKです。

2019-08-30 055

※あとで知ったんですが、
キャンセルすれば
「後でこの設定を行う」をクリックできるみたいです。

●アクティビティの履歴の利用について
必要性が無いので「いいえ」をクリックしました。
※後から変更できます。
2019-08-30 056

●AndroidまたはiPhoneをこのPCにリンクするは
「後で処理する」をクリックしました。

2019-08-30 057

●デジタルアシスタントを利用する
とりあえず「拒否」をクリックしました。
※後から変更できます。

2019-08-30 058

●デバイスのプライバシー設定の選択
内容を確認して「同意」をクリックします。

2019-08-30 025

●サポートおよびプロダクション
内容を確認して「次へ」をクリックします。

2019-08-30 028

●サポートおよびプロテクション
内容を確認して「次へ」をクリックします。

2019-08-30 029

●現在準備中の画面で出て
初期設定がほぼ完了となります。

現在準備中です。

2019-08-30 030

これには数分かかることがあります。

2019-08-30 031

このあと
自動的にMicrosoft Edgeのスタートページに変わりました。

この画面を閉じれば
普通にディスク画面が表示されて
初期設定は完了となります。

エラーとなっておったofficeの
ライセンス認証もOKとなっていたので
再度プロダクトキーを入力しなくてすみました。

今回のこの状態で
知人から預かったパソコンは
お返ししました。

この知人は
インターネットはやっていなし
officeだけが使えれば良かったからです。

一般的には
このあと
・メールアドレスの設定
・プリンタードライバーの設定
・セキュリティの設定
・リカバリーメディアの作成
・Windows Updataの実行

などなどありますね。

◆まとめとして

・初期設定が始まったら途中では止めないでね。
・officeの再インストールはマイクロソフトの
アカウントにログインして設定となります。
・初期化をしてから初期設定をやり直したので
とっても時間がかかってしまった。
・初期設定を頼まれたときは
まだ設定を全然やってないのか
確認が必要だと反省しました。
・預かった初期設定にトラブルがあったが
無事完了してホットしました。
・できるだけ初期設定は
パソコンの所有者と一緒にやるべきだと思った。

ネットで買い物をする方法 端数に楽天ポイントを使った

インターネット - パソコン

時々ネットで買物をしています、
栄養補給のドリンク剤が終わりそうなので
購入履歴から注文してみました。

そしてその支払いは何時も代引きでしたので
端数の金額には楽天ポイント一部利用しています。

◆ネットで買い物する方法(楽天市場)

まずは楽天市場へログインですが、
もう自動的にログインできている状態です。

s-20190506r1

今回は以前買ったドリンク剤の再注文となりますので
ページの右上にある購入履歴をクリックしました。

 

20190506r2

 

すでに会員情報にログインした状態ですが
購入履歴のサービスを利用するには
楽天会員ログイン画面がでます。

s-20190506r3

 

購入一覧で目的の商品を見つけたら
その商品に右の方に「もう一度購入する」欄があって
そこをクリックで次へ行っても間違いではないが、

僕の場合はその商店のページを再度見に行くことにしています。
それはね
お得なクーポン割引の情報が載っている場合があるからです。

20190506r4

 

限定クーポンが出ていましたね 5%offですよ

20190506r5

ですから、
クーポンを獲得してから
標品をかご追加
しましょうね

20190506r7

次に購入手続きとなります。

20190506r8

 

買物かごの商品がでるので「購入手続き」をクリックします。

s-20190506r9

 

ここでもまた楽天会員の方の
ユーザIDとパスワードを入れないと次へ行かれません。
初めての方だと結構面倒だと感じるでしょうね。

s-20190506r10

 

次にお支払い方法ですが、
クレジットカード決済が表示されていますの
今回は代引きとしたいので「変更」をクリックしました。

 

20190506r12

 

代金引換にチェックを入れて

20190506r13

内容を変更しました。

20190506r16

 

次に保有ポイントがあるので
代金支払い金額の端数をポイントを使って
代引きの時に小銭を用意しなくてもいいようにしています。

ポイント利用の「変更」をクリックします。

20190506r17

 

利用したいポイントを入力してください。

20190506r18

 

これで注文を確定すれば買物ができますが、
その前にその画面で下の方へスクロール
下の方の画面を確認しましょうか、

こんな事が書かれていますよ
メールマガジン登録とお気にいりショップ登録が
自動的にされるようになっています。


もし不要な方はチェックを外してくださいね。

20190506r23

下にあるから、つい見落としてしまいそうだと思います。
実は僕も時々見なくて注文を確定していました。

これが決していけないことで無く
初めての方はどんな情報なのかご覧になってから
その届いたメールからも後で解除できますのでそれからでも遅くはないと思っています。

じゃ、注文の最終確認をしましょうね、
注文商品の確認をします、
この注文を確定する画面の左側の少し下に表示されます。

それから
送料がどうなっているか
代金支払い方法は今回は代引きで対応しまいた。

5%クーポンの利用と
ポイントの利用もしっかり確認してください。

総合計は支払いが楽のように
ポイント利用で端数しょりしてあります。

 

これでOKなら

「注文を確定する」をクリックしてきましょうか、

20190506r20

 

 

20190506r21

 

これで、楽天からの
ネットで買い物をする方法のご参考になればと嬉しく思います。

 

追記として
◆栄養ドリンクのおすすめとして
今回の栄養ドリンクは母が薬局から分けて頂いていましたが、
ネットでもこのドリンク剤が手に入ることがわかってので
それ以降終わる1週間位前に1ケースで買ってます。

とっても飲みやすい栄養ドリンク剤ですね、
楽天ではこの店しか置いてありません。

【5/7(火)限定!5%OFFクーポン利用でポイント13倍相当】送料無料【指定医薬部外品】日野薬品工業株式会社 ムガドリンク 100ml×50本入り(1箱)<ビタミン含有保健薬。滋養強壮・疲労回復に>(この商品は注文後のキャンセルができません)

SSDのCドライブのデーターをDドライブへ移動させるには

パソコン

win7を使っていた知人が富士通のノートパソコンwin10を買いました。

CドライブとDドライブの構成は、
CドライブがSSDで約128GBと
DドライブはHDD(ハードディスク)で1TBでした。

s-094781

 

最近CドライブにSSDが使われるのが多くなってきたと感じています。

SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略ですネ。
電源オンですぐ起動すると言っていました。
ソフトの起動時間もHDDと比較して約30%も短縮できます。

でもSSDはハードディスクより高額です。
容量あたり約2倍くらい高いと思います。

 

Cドライブの中にドキュメントもあって
ワードなりエクセルで書類を作っても
Cドライブのドキュメントに保存されます。

さらに

写真などの画像データーはCドライブのピクチャに保存されて
ワードなどの文書の容量に比べると150倍以上の容量が出るので
たちまちCドライブの128GBは一杯で容量不足となりますね。

そこで今回は

Cドライブの容量が一杯になる前に
データーをDドライブに移動させて
作成した文書なり画像は自動的にDドライブに保存するようにしました。

この作業を事前にしておかないと
Dドライブ1テラ(TB)約1,000GBは
空き室で使われない状態となるんですね。

じゃ
Cドライブのデーターをコピーして
Dドライブへ貼り付ける

あるいは
Cドライブのデーターをドラックして
Dドライブへ持っていっても貼付になるんですね

そしてから
Cドライブの大きくなったデーター容量を
削除しなければいけない状況で、これでは作業が大変となります。

一度Cドライブのデーターの移転作業をすれば
あどは自動的にDドライブの各データーに保存できる方法を
一緒に取り組んでみましょう。

 

◆CドライブのデーターをDドライブへ移動のやり方

移動前のDドライブはフォルダーが何もない状態です。

201904261

 

CドライブのドキュメントをDドライブのドキュメントに移動してみましょう
今回は先にDドライブに「Document」のフォルダー作っておきました

 

エクスポーラーでドキュメントを右クリックします。
その開いたメニューに一番下のプロパティ >>場所>>移動
とクリックします。

 

201904262

 

移動をクリックすると移動先に
Dドライブから先ほど作ったDocumentのフォルダーを選択しましょう。

移動先が
D:\Documentに変わってのが分かると思います。
確認したら「適用」「OK」をクリックしてください。

201904264

フォルダーの移動の確認画面に変わります。

元の場所のすべてのファイルを、新しい場所に移動しますか?
元の場所:C:\Users\〇〇\Documents
新しい場所:D:\Documents

確認して間違いが無ければ「はい」をクリックしてください。

201904265

 

これでデーターの移動ができましたので
続けて
ダウンロード、ピクチャ、ビデオ、ミュジックを移動してね。

CドライブからDドライブにデーターが移行した完了画面です。

201904266

さくらのブログからwordpressへ記事を移転、やり方と注意点とは

WordPress - パソコン

さくらのブログを長いこと使っています。
ある有料デザインに変えて使ってみたところ、
表示スピードが遅くなったと感じるようになったんでえすねぇ。

そのことは

時間帯にもよりますが、
スピードを計測して調べて見ましたが、

やはり

外観のデザインによって表示速度が変わることが分かりました。

sakurano190409

さくらのブログ以外にXサーバーも使っていますので、
さくらのブログからwordpressへ記事を移転(引越し)することにしました。

さくらのブログの作成できるブログは50個なんですが、
5個使っているだけです。
そのうち記事数が少ない1個のサイトを引越してみました。

◆さくらのブログからwordpressへ移転のやり方

1、さくらのブログで記事をエクスポート
2、wordpressでインポート
3、ブログ移転のお知らせ

1、2、3の流れの作業となります。

◆さくらのブログで記事をエクスポート

設定> その他> エクスポート

文字コードはUTF-8 取得範囲を指定して
コメント欄は必要に応じてチェックしたら
エクスポートをクリックします。

sakuraekusu190410

※記事件数が多すぎますとエラーになる事もあるようです、
その場合は記事は月別に取得する設定でやってみてください。

エクスポートファイルをデスクトップなどPC内に保存します。

fairuhozon190410

これで、さくらのブログからのエクスポート作業は終わりですね。
次にwordpressでインポートする方法となります。

◆wordpressでインポート

wordpressの管理画面にログインしたら
プラグインでインストール済みブラグインに行きます。

Movable Type・TypePad インポートツールを使用しますので

無ければ新規追加で入れましょう。

wppuraguin190410

Movable Type・TypePad が無かったので新規追加しました。

wppurasinnsu190410

インストールが終わったらプラグインの有効化します。

wpyukoka190410

ツール> インポート> Movable Type と TypePad

インポーターの実行をクリックします。

wpinpo190410

ファイルをアップロードしてインポートをクリックします。

fairuup190410

変更することなく実行をクリックしました。

jikkou190410

記事が6投稿でしたので、すぐにインポートが完了しました。

tokoukanryou190410

後は、サイトページを表示して確認して終了ですね。

ところが

空白行がつまってしまったよ~

もともと空白行を3行毎にあけていましたが、

全部つまった状態になってしまった。

s-kiji190410

空白行あけるようを直した記事ですが、やり方はこの後お知らせします。

s-gyoukanaosu190410

◆さくらのブログからwordpressへ移転の注意点

・行間が詰まらないよう空白行をあけるには

移転後ページを表示して確認しましたら
空白行ありでつくったブログの行間がつまった状態でありました。

そこで
インポータープログラムのmovabletype-importerを修正しました。

FTPソフトでサーバーに接続して
wp-content/plugin/movabletype-importer/movabletype-importer.php
このファイルをダウンロードしました。

ftpsetuzoku190410

メモ帳で開いて
if( !empty($line) )を

memohen190410

#if( !empty($line) )に変更しました。

変更したら再度サーバーにアップロードして終了となります。

行間が空いて当初の空白行で記事が表示されました。

これで、空白行もあいて画像も表示されていましたので、
全て問題なくOKだと思っていました。

画像は改めてアップロードしてリンクを設定には

移転後のwordpresの記事を開いて

改めて記事を読みながら

たまたま
画像を右クリックして画像のリンク先のURLを見たら
移転前のリンクのままではありませんか・・・。

えっっ どうして?
ここで初めて画像の移転はダメだと気づきましたね。

一寸どうしらいいか弱りましたが、

今度は

ワードプレスの記事一覧から記事編集
HTML表示して記事内のソースを確認してみることにしたの

そしたら

画像のリンク先が移転前のURLのままでしたね、
あら~やっぱり

エクスポート、インポート、作業では
画像ファイルの引越ができないことを初めて知りました。

そこで対処した事として
さくらのサーバーに関する情報を調べてたら
同じページ内にFTP設定に関する情報ありました。

sakurajyouho150410

この情報を基にFTPの接続設定をして
なんとか接続が成功できますので
さくらのサーバーの画像ファイルのダウンロードができました。

画像ファイルをダウンロードしている様子です。

dl190410

そして
改めて画像ファイルをワードプレスのメディアにアップロードして
そこの画像リンクに設定の変更しました。

具体的には
ワードプレスへの画像リンクの設定変更は
今回今回は少しだったので手作業でやりました。

もし、たくさんURLの変更がある場合は
Custom Permalinksなどのプラグインを使って一括変換がいいと思っています。

adoresu190410

youtubeの動画のリンクの埋め込みもありましたが
ブログの外部リンクは、そのまま正常でOKでした。

こちらが
さくらのブログからwordpressへ記事を移転(引越し)をしたサイトです。
https://yasai.a21.jp/

s-wpsaito190410

ブログ移転のお知らせ

移転前のさくらのブログの記事と移転後のサイトに同じ記事が
ある状態ではSEO対策として良くないと聞いていました。

移転先の内容が検索エンジンから
「コピーコンテンツ」と見なされてしまい、
ドメインの信頼性が落ちてしまうということだと思っています。

そこで

ブログで301リダイレクトの設定ができないので
移転元のブログの設定中にある
HTML編集で「canonical」に移転先の記事URLを指定してみました。

この設定ができれば
ブログの訪問者が自動的に新しい移転先に
飛んでくれることが可能となります。

とりあえず、

検索でやり方を調べて見ましたら
ブログの場合は 「canonical」を使って
こちらに移転しましたよとお知らせを記述することだと分かりました。

記述例です

移転元のHTMLに「canonical」で移転先の記事URLを指定してみました。
<link rel=”canonical” href=”https://移転後のURL/” />
<meta http-equiv=”refresh” content=”5;url=https://移転後のURL/ />

結果として
さくらのブログでは成功できませんでした。

そこで次にしたこととして

ブログのトップページにブログ移転のお知らせと
各ページにも移転先のURLを設定して対応しました。
各ページの既存の記事はタイトルだけ残してあとは削除しました。

このやり方が正解かは
至って不明ですが僕の力でできるのはこの位でした。

◆まとめとして

・さくらのブログでエクスポート。
・wordpressでインポート。
・記事の移転しかできなかった。
・画像の内部リンクの移転はできない。
・画像は改めてアップロードしてリンクを設定する必要があります。
・移転のお知らせのリダイレクトは自動ではできなかった。