スポンサーリンク

mos試験の結果いつ合格点や合格率や mosとは

mos試験の合格点や合格率 した
スポンサーリンク

mos試験は終了するとすぐ合否が分かります、また合格点は700点から1000点で決まっていて合格率は一般的には50%~70%でしょうね。

MOS(Microsoft Office Specialist)試験は、多くのビジネスパーソンにとって重要な資格です。Word、Excel、PowerPointなど、日々使っているOffice製品のスキルを証明するこの試験に合格するためには、効果的な学習戦略が必要です。

この記事では、MOS試験の概要とその重要性から始め、過去問解析の効果的な方法、頻出トピックの対策、実践的なアプローチ、そして合格者の貴重なアドバイスまで、MOS試験を徹底的に解剖します。

MOS試験に挑むあなたを全力でサポートするための情報を、一緒に探っていきましょう!

スポンサーリンク

mos試験の結果いつ

Microsoft Office Specialist (MOS) 試験の結果は、通常試験終了直後に受験者はパソコン画面に得点と合否が出てただちに合格したかが分かります。

私が受験した時の結果でセクション分析の成績の試験結果のレポートをプリントアウトしてくれました。↓

mos試験結果レポート
mos試験結果レポート

めっちゃドキドキしながら見るでしょうねぇ!

そして「合格」ならやった~ 良かった~と(^_^)(^_^) 頑張った達成感がに浸りますね。

mos試験の合格点は?

こんにちは、MOSマスターを目指している皆さん!今日は、Microsoft Office Specialist(MOS)試験の一番の謎、合格点について掘り下げていきます。

あなたがOfficeの魔法使いになるための第一歩、それが合格点を知ることですよね!

まず、MOS試験の合格点って何点なの?という素朴な疑問からスタート。

実は、この合格点、試験によって異なるんです。一般的には、700点から1000点満点中で決まっています。

でも、この数字だけ見ても「それって難しいの?楽なの?」って感じですよね。大事なのは、この点数がどうやって決まるかということ。

MOS試験は、その年の試験の難易度や受験者の成績に基づいて合格点が設定されるんです。つまり、試験が難しければ合格点も低め、易しければ高めになるわけです。

「じゃあ、毎回試験の前に合格点が分かるの?」という質問が聞こえてきそうですが、残念ながらそうではありません。

合格点は試験を受けた後、結果と一緒に知らされるシステム。ですので、準備は万全にしておきたいところですね!

というわけで、合格点の基本情報はこのくらいにして、次はもっと具体的な話に移りましょう。

次のセクションでは、2024年の最新の合格率についてお話ししますよ!

MOS試験の合格率は?

さて、MOS試験の合格点がどのように決まるかはお分かりいただけたかと思いますが、ここからが肝心の合格率の話。

2024年のMOS試験、皆さんはどれくらいの割合で合格できると思いますか?

「もしかして、めちゃくちゃ低い…?」なんて不安になる方もいるかもしれませんが、安心してください。全体的に見ると、MOS試験の合格率は意外と高めなんです。

もちろん、これは試験の種類や年度によって多少の変動はありますが、一般レベルは約80%で上級レベルは約60%だと思っています。

これは、しっかりとした対策をすれば、合格の可能性が高いとも言えるでしょう。

ただし、注意点が一つ。

合格率が高いからといって油断は禁物。特にWordやExcelなどの基本的なプログラムを扱う試験は、より細かい知識が問われる傾向にあります。

一方で、PowerPointのような、使い慣れている人も多いソフトウェアの試験は、少し合格率が高めになることがありますよ。

では、なぜ合格率が年度によって変わるのでしょうか?

それは、試験の難易度や内容の更新、そして受験者のレベルに左右されるから。つまり、あなたが受ける試験の年度や内容をしっかりとリサーチすることが、合格へのカギになるのです。

科目別合格点と合格率の比較

次に、MOS試験の各科目ごとの合格点と合格率にスポットライトを当ててみましょう。

2023年のデータを見ると、Word、Excel、PowerPointなど、各科目ごとに少しずつ異なる傾向があるんですよ。

まずはWord。この試験は、文書作成の基本から高度な機能まで幅広くカバーしています。

合格点は比較的高めに設定されていることが多いのですが、それに見合った詳細な知識が求められます。

合格率はやや低めですが、しっかりとした準備をしていれば恐れることはありません。

次にExcel。この試験は、データ分析や表計算のスキルが重要になります

合格点はWordに比べて少し低めですが、複雑な関数やデータ管理ができるかが鍵を握ります。合格率はWordよりは少し高い傾向にあります。

最後にPowerPoint。プレゼンテーションのデザインや効果的な情報伝達が重視される試験です。

こちらは合格点も比較的低めで、合格率も高い傾向にあります。ただし、見た目だけでなく、内容の構成や伝達方法も重要視されるので、見落としのないようにしましょう。

このように、科目によって求められるスキルや合格点が異なるため、自分が受ける試験に合わせた対策が大切になります。

各科目の合格率や合格点を知ることで、より効果的な勉強方法を見つけ出しましょう!

1000点満点中550~850点の得点が目安なので90%は正解できるように取り組みましょう。

MOS試験対策:過去問題に取り組む

合格するためのアプローチとしてはただ知識を覚えるだけでは不十分です。

過去問を解析し、実践的なアプローチを取り入れることが成功の鍵です。

重要なのは、過去問をただ解くだけでなく、時間管理、操作スキルの向上、自信の構築、弱点の特定と改善といった、より実践的な面に焦点を当てることです。

模擬試験の実施、間違えた問題の分析、グループスタディ、弱点克服のための集中訓練など、具体的なアプローチを取り入れることが、MOS試験の準備を効果的に進めるための秘訣です。

最終的に、MOS試験の合格は、あなたの努力と準備次第。

この記事が、あなたのMOS試験合格への道程において、有益なガイドとなることを願っています。MOS試験の勉強を始める皆さん、頑張ってください!

mosの参考書で初心者におすすめ

MOS資格(Microsoft Office Specialist)の取得を目指す初心者向けには、いくつかの参考書が特におすすめされています。

選択する際には、受験科目(例:Word、Excel、PowerPoint)、試験バージョン(例:2019、2021)、および自分の学習スタイルに合わせたテキストのタイプを考慮することが重要です。

  1. FOM出版の「よくわかるマスターMOSシリーズ」は、初心者に理解しやすく、試験範囲を網羅していることで知られています。問題集と模擬試験が含まれており、しっかりと取り組めば合格が可能です。
  2. 日経BP社のMOSテキストもお勧めで、事務経験者向けの内容が含まれており、試験範囲を完全に網羅しています。これには5回分の模擬試験とランダム出題のDVD-ROMが付属しています。
  3. 「エクセル兄さんが教える 世界一わかりやすいMOS教室」は、特に超初心者や事務作業の未経験者におすすめです。

    要点と重要度がまとめられており、実務で使うスキルに焦点を当てています。

    ただし、MOS試験の出題範囲の7~8割しかカバーしておらず、模擬テストが含まれていないため、他のテキストと併用することが推奨されます。

受験者の学習状況にもよりますが、PC初心者の場合は一般レベルの試験に合格するために約80時間程度の勉強が必要とされています。

一方、WordやExcelをある程度使いこなせる場合は、約40時間の勉強で合格が目指せると言われています。

適切な参考書を選ぶ際には、試験内容(受験科目とバージョン)、MOS資格の難易度(スペシャリストやエキスパート)、そして個人の学習スタイルに合った内容や形式を考慮することが重要です。

mosとは?

mos資格試験のmosはマイクロソフトオフィススペシャリストの頭文字をとったものでMicrosoft Office Specialistの略です。

旧MOUS試験と同じ試験です、2003年に名称変更しています。

マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィス製品のオフィスソフトのエクセルやワードなどの利用スキルを証明する国際資格になります。

事務職の場合は必須となりますが、営業職の人もこのようなソフトを使えることが採用の大前提にもなります。

多くの人が一般的に利用しているソフトです。Microsoft Officeはいくつかバージョンが発売中です
それぞれのバージョンごとに取得できます。

受験科目は6科目ありますが、その中でもExcel、Wordの2つが最も人気のある科目です。

求人募集などで「パソコンが使える人」という募集の仕方もあって「WordまたはExcelが使える人」と指定している会社もあります。

Wordは一般的な文書処理ソフトで、Excelは計算処理ソフトで、パソコンスキルがあると客観的に証明できます! 

合格者の声:成功の秘訣

mos合格者の声

最後に、実際にMOS試験に合格した方々からの貴重なアドバイスをご紹介します。これらは、これから試験に挑戦する皆さんにとって、大きなヒントとなるはずです。

「実践的な練習が一番です。」と語るのは、WordとExcelの両方で高得点を獲得したAさん。

彼女は、ただ単に操作を覚えるのではなく、実際の業務で使えるような練習を重ねたそうです。

特に、時間を計ってタスクをこなす訓練を行うことで、試験のプレッシャーにも慣れることができました。

一方、PowerPoint試験で高得点を取ったTさんは、「視覚的な要素も大切」と強調します。

彼は、プレゼンテーションのデザインと構成にもこだわり、それが高得点に繋がったと話しています。

デザイン感覚を磨くために、様々なテンプレートを試してみるのもいいかもしれませんね。

最後に、複数のMOS試験に合格しているSさんからのアドバイス。

「過去問を徹底的に解析することが重要です」と彼女は言います。過去の試験問題を分析することで、試験の傾向や出題パターンを把握し、効率的な学習ができますね。

これらのアドバイスを参考に、あなたもMOS試験の合格を目指しましょう!

まとめ

  • 試験終了ですぐに点数と合否が分かります。
  • 合格点は700点以上で合格率は概ね60%から80%です。
  • 試験対策としては過去問題を出来るだけ多くやってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました