• Open Live Writerのインストールと日本語化「ワードプレス編」

Open Live Writerのインストールと日本語化「ワードプレス編」

WordPress - ブログツール

WindowsLiveWriterを最近まで使っていましたが、
サイトのURLを完全にhttpsにしたら
投稿出来なくなったのでOpen Live Writerを入れました。

Open Live Writerは当初日本語に
対応していなかったので敬遠していましたが、
httpsのSSLにも対応して利用できるのがいいですね。

勿論無料で使えるソフトで
WindowsLiveWriterを使った方なら
問題なく安心して使いことができるソフトです。

それでは
Open Live Writerのインストールと
日本語化についての方法として

最初に
Open Live Writerのダウンロードからやっていきましょうね。

◆Open Live Writerのインストール

Open Live Writerサイトからダウンロードしましょう。

openlivewriter

Open Live Writerの「DOWNLOAD」をクリックして、
PCに保存します。

初期設定だとエキスプポーラーで開いて
ダウンロードのフォルダにあると思います。

download

OpenLiveWriterSetup.exeをダブルクリックします。

livewritersetup

Nextをクリックしてつぎへ

cinfigureopen

どのブログサービスですか?の画面で
「Wordpress」を選択して「Next」をクリックします。

burogusa-bisu190710

ここではアカウント情報を入れます。
上から
ブログのURL、ユーザーネーム、パスワードを入れて
Nextをクリックします。

ユーザーネーム、パスワードは
ワードプレスのブログをサーバーに
設定した時ご自分で決めたものですね。

akaunto190710

「Remember password」にチェックを入れてください、
バスワードを保存してくれます。

これで、ブログアカウントの設定が始まります。

環境によっては
Select blog typeの選択画面が表示される方もあるかな?

もし出た方は

Tupe of blog that you are using:に
WordPressを選択

Remote posting web address fou your blog:に
あなたの
サイトアドレス/xmlrpc.php

を入れてください。

私の場合ですと
https://nousagyo.com/xmlrpc.php
となります。

setting090710

次にDownload Blog Themeの取得画面に行く場合もあるかな?

私の場合はここの画面もなく完了となりましたね。

このブログの外観のテーマの取得ですが
対応していない場合もあるようです。

もし

テーマが取得できなくてもライターとしは
問題なく利用できますので大丈夫です。

しばらくすると無事ブログ名が出ますので
これで完了となります。
「finish」をクリックします。

finish190710

これでインストールは完了して、
新規投稿画面が表示されますよ~。

うまく出来たでしょ、
ご苦労様でした。

burogu190710

このままでも使えるますが
英語バージョンですので
やっぱり日本語化にできた方がいいですよね。

もう少し
頑張ってやってみましょうね。

◆Open Live Writerの日本語化

ありがたいことに
Open Live Writerの日本語化に
取り組んでいた方がいました。

それはね

鹿児島県の方のブログから
Open Live Writerの日本語化に必要なファイルが
ダウンロードできるようになっています。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

こちらのブログからダウンロードしてください。

↓ ↓ ↓
http://kisanuki.cocolog-nifty.com/tashiro/2018/04/post-2c77.html

nihongoka190710

このブログの中の
「OpenLiveWriterLocalization.zip」をダウンロード

クリックしてファイルを保存してみてね。

DL190710

ダウンロード先は
ブラウザの初期設定では
エクスプローラーの中のダウンロードに自動保存されます。

今回は
ディストップに保存してみました。

dhisufai190710

このファイルをダブルクリックして開きますと
新しい解凍したファイルができます。

左がダウンロードファイル
右が解凍したフォルダーです。

kaito190710

これが解凍したファイルの
OpenLiveWriter Localizationの
フォルダーを開いた様子です。

kaaitofaile190710

上記の解凍したファイルの赤枠の

OpenLiveWriter.Localization.dll

のファイルをコピーして

ご自分のパソコンの中の
OpenLiveWriter\app-0.6.2

に上書き貼付すれば日本語化対応となります。

これが大まかな流れですね。

上記の解凍したファイルの赤枠の

OpenLiveWriter.Localization.dll

をコピーしましたね

コピー出来たら次へ進みましょうか、

それでは
ご自分のパソコン内のファイルの
コピーファイルの貼付先の
場所に移動しましょう。

貼付先のOpenLiveWriterホルダーは、

ユーザー名ホルダーの中の
AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2を探しましょうと
マニュアルに書かれていましたね。

初めての方でも分かるように
画像で、ていねいに書いてきたいと思っています。

エクスプローラーを起動して
PC>Master(C)>ユーザーをクリック

cyu-za190710

次にユーザー内の自分の名前をクリック

aruga190710

AppDataをクリック

appdata190710

AppData>Local>OpenLiveWriterとクリックしてら

次にapp-0.6.2のフォルダーをクリックします。

app190710

app-0.6.2フォルダー内の各ファイルの一部です。

app060190710

この中に

ダウンロードして解凍したファイルの

OpenLiveWriter.Localization.dll

を先ほどコピーしてあるから

貼付(上書き)をすれば日本語化OKとなります。

それでは

Open Live Writerを起動してみてください、
各メニューが英語から日本化されましたね!

nihongoka190710

無事完了で良かったですネ。
お付き合いありがとうございました。

◆まとめとして

・Open Live Writerが日本語化できる状態ですので、
    WindowsLiveWriteから乗り換えましょう。

    ・今回はワードプレスの設定方法でしたが、
       さくらのブログ、so-netブログ、
       seesaaブログ、gooブログでも
       同じようにOpen Live Writerが使えます。

    ・具体的な設定方法は
       WindowsLiveWriteの時の設定方法と同じですので
       こちらのサイトのサイトマップの
       ブログツールをみてください。

    https://ka-pc.com/pc/sitemap/

    関連記事
    コメント
    コメント投稿

    コメント ( 必須 )

    お名前 ( 必須 )

    メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

    サイトアドレス ( 必須 )