カテゴリー:ブログツール

記事一覧
ホームPage 1 / 3123

Open Live Writerのインストールと日本語化「ワードプレス編」

WordPress - ブログツール

WindowsLiveWriterを最近まで使っていましたが、
サイトのURLを完全にhttpsにしたら
投稿出来なくなったのでOpen Live Writerを入れました。

Open Live Writerは当初日本語に
対応していなかったので敬遠していましたが、
httpsのSSLにも対応して利用できるのがいいですね。

勿論無料で使えるソフトで
WindowsLiveWriterを使った方なら
問題なく安心して使いことができるソフトです。

それでは
Open Live Writerのインストールと
日本語化についての方法として

最初に
Open Live Writerのダウンロードからやっていきましょうね。

◆Open Live Writerのインストール

Open Live Writerサイトからダウンロードしましょう。

openlivewriter

Open Live Writerの「DOWNLOAD」をクリックして、
PCに保存します。

初期設定だとエキスプポーラーで開いて
ダウンロードのフォルダにあると思います。

download

OpenLiveWriterSetup.exeをダブルクリックします。

livewritersetup

Nextをクリックしてつぎへ

cinfigureopen

どのブログサービスですか?の画面で
「Wordpress」を選択して「Next」をクリックします。

burogusa-bisu190710

ここではアカウント情報を入れます。
上から
ブログのURL、ユーザーネーム、パスワードを入れて
Nextをクリックします。

ユーザーネーム、パスワードは
ワードプレスのブログをサーバーに
設定した時ご自分で決めたものですね。

akaunto190710

「Remember password」にチェックを入れてください、
バスワードを保存してくれます。

これで、ブログアカウントの設定が始まります。

環境によっては
Select blog typeの選択画面が表示される方もあるかな?

もし出た方は

Tupe of blog that you are using:に
WordPressを選択

Remote posting web address fou your blog:に
あなたの
サイトアドレス/xmlrpc.php

を入れてください。

私の場合ですと
https://nousagyo.com/xmlrpc.php
となります。

setting090710

次にDownload Blog Themeの取得画面に行く場合もあるかな?

私の場合はここの画面もなく完了となりましたね。

このブログの外観のテーマの取得ですが
対応していない場合もあるようです。

もし

テーマが取得できなくてもライターとしは
問題なく利用できますので大丈夫です。

しばらくすると無事ブログ名が出ますので
これで完了となります。
「finish」をクリックします。

finish190710

これでインストールは完了して、
新規投稿画面が表示されますよ~。

うまく出来たでしょ、
ご苦労様でした。

burogu190710

このままでも使えるますが
英語バージョンですので
やっぱり日本語化にできた方がいいですよね。

もう少し
頑張ってやってみましょうね。

◆Open Live Writerの日本語化

ありがたいことに
Open Live Writerの日本語化に
取り組んでいた方がいました。

それはね

鹿児島県の方のブログから
Open Live Writerの日本語化に必要なファイルが
ダウンロードできるようになっています。

本当に感謝の気持ちで一杯です。

こちらのブログからダウンロードしてください。

↓ ↓ ↓
http://kisanuki.cocolog-nifty.com/tashiro/2018/04/post-2c77.html

nihongoka190710

このブログの中の
「OpenLiveWriterLocalization.zip」をダウンロード

クリックしてファイルを保存してみてね。

DL190710

ダウンロード先は
ブラウザの初期設定では
エクスプローラーの中のダウンロードに自動保存されます。

今回は
ディストップに保存してみました。

dhisufai190710

このファイルをダブルクリックして開きますと
新しい解凍したファイルができます。

左がダウンロードファイル
右が解凍したフォルダーです。

kaito190710

これが解凍したファイルの
OpenLiveWriter Localizationの
フォルダーを開いた様子です。

kaaitofaile190710

上記の解凍したファイルの赤枠の

OpenLiveWriter.Localization.dll

のファイルをコピーして

ご自分のパソコンの中の
OpenLiveWriter\app-0.6.2

に上書き貼付すれば日本語化対応となります。

これが大まかな流れですね。

上記の解凍したファイルの赤枠の

OpenLiveWriter.Localization.dll

をコピーしましたね

コピー出来たら次へ進みましょうか、

それでは
ご自分のパソコン内のファイルの
コピーファイルの貼付先の
場所に移動しましょう。

貼付先のOpenLiveWriterホルダーは、

ユーザー名ホルダーの中の
AppData\Local\OpenLiveWriter\app-0.6.2を探しましょうと
マニュアルに書かれていましたね。

初めての方でも分かるように
画像で、ていねいに書いてきたいと思っています。

エクスプローラーを起動して
PC>Master(C)>ユーザーをクリック

cyu-za190710

次にユーザー内の自分の名前をクリック

aruga190710

AppDataをクリック

appdata190710

AppData>Local>OpenLiveWriterとクリックしてら

次にapp-0.6.2のフォルダーをクリックします。

app190710

app-0.6.2フォルダー内の各ファイルの一部です。

app060190710

この中に

ダウンロードして解凍したファイルの

OpenLiveWriter.Localization.dll

を先ほどコピーしてあるから

貼付(上書き)をすれば日本語化OKとなります。

それでは

Open Live Writerを起動してみてください、
各メニューが英語から日本化されましたね!

nihongoka190710

無事完了で良かったですネ。
お付き合いありがとうございました。

◆まとめとして

・Open Live Writerが日本語化できる状態ですので、
    WindowsLiveWriteから乗り換えましょう。

    ・今回はワードプレスの設定方法でしたが、
       さくらのブログ、so-netブログ、
       seesaaブログ、gooブログでも
       同じようにOpen Live Writerが使えます。

    ・具体的な設定方法は
       WindowsLiveWriteの時の設定方法と同じですので
       こちらのサイトのサイトマップの
       ブログツールをみてください。

    https://ka-pc.com/pc/sitemap/

    Windows LiveWriterダウンロードできます 2019

    パソコン - ブログツール

    Windows Live Writer2012とは
    マイクロソフトが開発したソフトウェアです。

    ブログに記事投稿するのにパソコンのアプリケーションのワードと
    同じような感覚で記事を書いて画像等も挿入できます。

    そして文字装飾なと編集を行ってから
    WEBに投稿している、とっても気に入っているソフトです。

    これがソフトを起動したタイトルだけを書いてみた画面となります。

    livewriter

    Windows Live Writerで現在私が使っているのは
    Windows Essentials 2012の中に入っていて、
    Windows Essentials のサイトからダウンロードしたものです。

    ところが
    2017年1月10日でサポート終了したために、
    Windows Essentials 2012のダウンロードはできなくなりました。

    Windows Essentialsサポートにはこう書かれています。
    2017 年 1 月 10 日以降、Windows Essentials 2012 は
    Windows 10 でサポートされません。また、ダウンロードもできません。

    essentials

    win8.1でそのWindows Live Writerを使っているので
    もしもwin10にパソコンを新しくした場合は
    もう使えないのではないかと思っています。

    Windows Live Writerに変わるソフトがないかとも
    ネットで検索して調べてもみました。

    そしたら

    一応それに変わるソフトは見つかりました。

    Open Live Writerというソフトが
    殆どWindows Live Writerと変わらないようです。
    英語バーションのようですが日本語対応がないとの事でした。

    でも最近というか昨年の2018.4.22日本語化してくれた
    親切な方がいました。
    http://kisanuki.cocolog-nifty.com/tashiro/2018/04/post-2c77.html

    Open Live Writerの日本語化の参考になればと思って書かせて頂きました。

    ◆Windows Live Writerのダウンロード

    Windows Live Writer単体では
    下記のダウンロードセンターからダウンロードできることを知りました。

    https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=8621

    Live Writerdl

    ディスクトップにとりあえず保存してみました。

    wlwdlfailehozon

    ダウンロードファイルをダブルクリックでインストールをしましたが・・・
    エラー表示でインストール出来ませんでした?

    え~

    てっきりインストールが簡単にできると信じていたので
    一寸困惑してしまいました。

    もう一度やり直しても結果は同じでエラーでした。

    wleinsuto-ruera

    Microsoftサイトのシステム要件を確認してみたら、

    サポートされるオペレーティング システム

    Windows 7, Windows Server 2008, Windows Vista,
    Windows Vista Service Pack 1, Windows Vista Service Pack 2,
    Windows XP Service Pack 2, Windows XP Service Pack 3

    やっと

    win8.1やwin10ではサポートしていないことに気がつきました。

    あ~残念、折角見つけたのにね。

    振り出しに戻りましたので
    Open Live Writerでいこうかとも迷いましたが、
    気を取り直して再度ネット検索に挑戦しました。

    ◆Windows Liveのソフトは、Win10にインストールできる

    Windows Liveソフトの入手方法として
    過去のwebページを保存しているサイトです。

    wayback machineは過去のWeb ページ を保存してるサービスで、
    保存されていればいつでもそのページをみることができます。

    wayback

    こちらからWindows Liveのセットアップファイルがダウンロード出来ます。

    早速ダウンロードしてインストールしてみました。

    ダウンロードしたファイルwlsetup-web.exeをダブルクリックでインストール

    daburukurikkuinnsu

    インストールするプログラムの選択をしますが
    writerだけでよければ
    インストールする製品の選択をして進めてください。

    inssutopuroguramu

    あとはメッセージを見ながらインストールが完了します。

    insuto-rutyuu

    各ブログ等の対応するための設定はこちらを参照してください。

    windows LiveWriterをインストールした

     

    ※R1/07/09 追記

    Windows Live Writer自体古いSSLプロトコルで
    URLをhttps://では使用できないことが分かりました。

    そんな訳で

    これからはWindows Live Writerでなくて
    新しいSSLプロトコルにも対応しています
    Open Live Writerをおすすめします。


    WindowsLiveWriterの設定方法 WordPressを追加した

    パソコン - ブログツール

    Windows LiveWriter2012はブログの投稿と編集がとても簡単なソフトです。
    ソフトのダウンロードとインストールはこちらを参照して下さい。
    https://ka-pc.com/pc/livewriter-inst/

     

     

    Windows LiveWriterで投稿する設定です。

    WordPress編

    • Windows LiveWriter2012をインストールして
      初めて起動すると構成画面が出ますので「次へ」をクリックします。1kousei2

    • 既にso-netなり他のブログサービスを設定されている方は
      ブログアカウントの追加を行います。

      ブログアカウント(PCメモ)の部分をクリックして
      「ブログアカウントの追加を(A)」をクリックします。
      WS0000012

    • どのブログサービスを利用しますか?の画面で
      「WordPress」を選択して「次へ」をクリックします。

      WS000000

    • ブログアカウントの追加の画面では
      ブログのWebアドレス(A):公開ブログのWebアドレス
      ユーザー名(U):ブログにログインする時のユーザー名
      パスワード:ブログにログインする時のパスワード

      パスワードを保持を選択して「次へ」をクリックします。

      WS000001

    ※追記2019/05/05
    従来はこの後すぐにブログのアカウントが設定できましたが、
    追加アカウントでやってみたら
    この方法ではエラーなる事が分かりました。

    設定の方法は記事の最後に

    WordPressの設定方法変更点として

    追加しておきましたの
    そちらをご覧ください。

     

    • ブログアカウントの設定中の画面です。WS0000042
    • ブログが構成されましたの画面で
      「完了」をクリックします。

       

      WS000003

    • ブログ構成が完了したら文字セットの設定を行います。
      「ブログアカウント」と「ブログのオプション」をクリックします。
      WS0000062
    • 詳細設定をクリックして
      文字セットではutf-8を選択して「OK」をクリックします。WS0000072
    • 左下に「編集」「プレビュー」「ソース」のメニューで
      プレビューをクリックしてみて下さい。

       

      WS000016

    • プレビュー画面です。
      公開画面と同じページが表示されます。

       

      WS000004

    • これで、WordPressの設定は完了です。
      他のブログサービスに比べて
      このWordPressの設定が1番簡単に設定でしました。

       

      それも、
      「どのブログサービスを利用しますか?」で
      WordPressが選択できるようになっているからでしょうか、

      seesaaブログとかso-netブログ等は
      他のサービスを選択して

      その後にも、

      ブログの種類を設定する必要がありますが
      その点、この項目はスキップして次に進めるので
      設定が簡単だと感じました。

    ぜったいデキます!無料ではじめる超かんたんブログ

    ◆WordPressの設定方法変更点

    ※追記 2019/05/05

    ブログの種類の選択で
    ブログプロバイダーをクリックします。

    使用するブログに「WordPress」を選択すると
    「ブログのリモート投稿」には
    http://<hostname>/<wp_path>/xmlrpc.php
    と表示されますので

    http://あなたのドメイン/xmlrpc.php
    と入力してください。

    入力例です

    ブログのURLは
    https://yasai.a21.jp/で
    httpsで「」が付いていますが
    ここの設定では入れないでください。

    ブログテーマをダウンロードできませんでした。と
    出ますが投稿はできますのでOKをクリックしましょう。

    無事ブログが構成されて完了画面になりました。

    (注)この設定方法も完全にサイトが
    https化されていますと
    このソフト自体が https に対応していないので
    その場合はOpen Live Writerに乗り換えてください。

    WindowsLiveWriterの設定方法、さくらのブログ編

    パソコン - ブログツール
    windows LiveWriter2012はブログの投稿と編集がとても簡単なソフトです。
    ソフトのダウンロードとインストールはこちらを参照して下さい。

    windows LiveWriterをインストールした

    事前にさくらのブログのマイブログ画面で
    Windows LiveWriter2012を
    使うための設定を行います。

    • さくらのブログにログインして
      右側にあるメニューのうち
      「ブログ用IDとパスワードの作成の設定はこちらから」
      「ブログ投稿ツールなどの設定はこちらから行えます。」

      WS000022

    • パスワードをご自分で好きなように設定して「保存」をクリックします。
      ブログ用IDとパスワードはメモ帳等にコピペしておきます。WS000021

    Windows LiveWriterで投稿する設定です。

    • Windows LiveWriterが初めて起動すると
      構成画面が出ますので次へをクリックします。1kousei2[2]
    • 既にseesaaブログなり他のブログサービスを設定されている方は
      ブログアカウントの追加を行います。ブログアカウント(PCメモ)の部分をクリックして
      「ブログアカウントの追加を(A)」をクリックします。

      WS0000012[2]

    • どのブログサービスを利用しますか?の画面で
      他のサービス」を選択して「次へ」をクリックします。WS0000002[2]
    • ブログアカウントの追加で
      ブログのWebアドレス(A)に
      公開しているブログのアドレスを入れます。

      ユーザー名とパスワードは事前に さくらマイ・ブログでコピペした
      ID(ユーザー名)とパスワードを入力します、
      メモ帳からコピペして入力してください。

    •  WS000023
    • ブログ種類の選択で
      使用するブログの種類は
      Movable Type API」を選択します。プログのリモート投稿用のwebアドレス(W)では
      すでに入力しているアドレスは削除して

      新たに
      https://blog.sakura.ne.jp/rpc/

      を入力して「次へ」をクリックします。

      WS000025

    • ブログテーマのダウンロード
      このダウンロードによって
      編集中の記事をweb上の公開したときと
      同じイメージで見ることができます。
      tema2[2]
    • ブログアカウント設定中となります。WS000026
    • ブログの構成が完了したら、「完了」をクリックします。
    •  WS000027
    • ブログの編集画面が表示されますので
      左下のプレビューをクリックして見ましょう。WS0000162[2]
    • 公開中のブログが実際の表示通りに見れます。WS000028
    • ブログ詳細設定で文字セットをUTF-8に変えます。
      メニューから「ブログアカウント」⇒ 「プログのオプション」をクリックします。
    •  WS0000062[2]
    • 詳細設定をクリックして
      文字セットではutf-8を選択して「OK」をクリックします。WS0000072[2]
    • 以上でさくらのブログの投稿設定は完了です。

    ぜったいデキます!無料ではじめる超かんたんブログ

    ホームPage 1 / 3123